【専門工事業者等評価制度】
1次下請企業が対象に

国土交通省は専門工事業者等評価制度の対象を当面1次下請企業としました。
平成25年度内に試行を目指すとしています。


専門工事業者等評価制度とは、
建設業界の現状である
@行き過ぎた
価格競争やダンピング受注、
A専門工事業者や技能労働者へのしわ寄せ
B就労環境の悪化や若年入職者の減少・就業者の高齢化

これらを改善するために
@人を大切にする施工力のある専門工事業者等に仕事が行く仕組み
A元請企業と人を大切にする施工力のある専門工事業者等との契約を後押しする仕組み
Bまずは、公共工事の発注者が元請企業の選定にあたり、人を大切にする施工力のある専門工事業者等を活用する元請企業を評価する仕組み
の構築が必要として、導入を検討している制度です。

人を大切にする施工力のある専門工事業者を評価項目として、下記の3点が検討されております。
A:技能労働者等の雇用状況
   登録基幹技能者を確保することが優先課題
B:若年労働者の確保・育成
C:社会保険等の加入


よって、専門工事業者等評価制度は、
『経営事項審査にとらわれない、人にスポットを当てた新たな指標』といえます。

詳しくは、国土交通省ホームページ
又は、
行政書士北山・藤村共同事務所までご連絡下さい。

TEL・FAX
所長又は専任スタッフがご相談をお受けいたします。
行政書士北山孝次事務所/しおり 代表電話 06-6721-1906
行政書士北山孝次事務所/しおり FAX 06-6727-1519
行政書士北山孝次事務所/しおり MAIL kitayama-hp-@hct.zaq.ne.jp
【閉じる